布小物やバッグ、Tシャツetc.いろいろつくっています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅型プリント・三線小道具入れ
2006年05月31日 (水) | 編集 |
いつも配色に頭を悩ます、沖縄の紅型風プリント生地。悩むのだけど、使いたいのです。

ひとつのパターンで、ポーチを作りました。ヘキサゴンつなぎ。絣模様の生地と組み合わせました。

三線の小道具入れになります。
sanporch1.jpg


中には、調子笛、爪、替えの弦など。やっぱり紅型風生地は、沖縄のものを入れるとしっくりくるかも。
sanporch2.jpg


中布は絣模様のほうで。六角形のポーチの中をどうすればきれいに中布を貼れるかいろいろ悩みましたが、結局、下半分の三辺は中表に縫って袋にし、上の三辺をファスナーにまつりました。

ちょっと手間はかかりますが、いろいろな色で作ってみたくなりました。
sanporch3.jpg


--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
手芸・ハンドクラフトブログランキング




スポンサーサイト
梅の季節
2006年05月25日 (木) | 編集 |
スーパーに待望の梅が入荷していました。もう、ビンは洗ってすっかりスタンバイOKでした。

今日はゴーヤとお豆腐だけ買えばいいやって思っていたのに、梅2キロ、氷砂糖2キロ、おまけに小夏まで買っちゃって、ほんと重かったです。

梅で漬けるのは、梅シロップ。リカーは入れません。氷水で割って飲むとさっぱりしておいしい、夏の楽しみ、梅ジュース。疲れも取れます~~。

今まで実家で母の漬けたものを飲んでいましたが、結婚して、私も自分で漬けることにしました。母に電話でコツを聞いて。。。

ume.jpg


洗って、水気を拭いながらへたをとりました。冷凍庫に入れて凍らせ、明日漬けます~。はやく飲みたいな。。。

**梅ジュース(シロップ)のつくり方**
【材料】梅:1キロ 氷砂糖:1キロ お酢:カップ1
・梅は洗って、水気をよく拭き取る。へたをとり、一晩凍らせておく。
・氷砂糖と梅を交互に重なるように瓶に入れる。
・お酢を入れ、瓶を回して、全体に行きわたるようにする。
・氷砂糖が溶けたら、飲めます。氷水で割っていただきます。


沖縄紅型風・まるいコースター
2006年05月22日 (月) | 編集 |
以前から思案している、沖縄紅型風プリントの使い方・・・。大柄プリントは、パッチワークで使うのがなかなか難しい。でも、プリント生地だけだと、面白みのない作品になるし・・・。

そこで、南国風ということで、ハワイアンの本を参考にしてみました。
やっぱりハイビスカスのプリント生地は、柄を生かして使いたいですね。わたしがつかっている沖縄の紅型風プリント生地は、ハワイアンとはかなり雰囲気は違いますが、その点を参考にさせていただいて、ハイビスカスの部分を生かしながら裁断してみました。

作ったのは、コースター。白い生地をアクセントにピースワークして、むら染め生地のバイアステープでくるんでみました。

これからの季節、琉球ガラスのコップとともに使うと、ちょっと沖縄のことを思い出せそう・・・
corster1.jpg


↑サーターアンダギーも揚げて、沖縄風のおやつにしてみました。

生地のカットの仕方は、一枚一枚少しずつ変えてみました。白い生地の方にはエコーキルト。
corster2.jpg


ハイビスカスも縁をキルティングして、ちょっとぷくぷくした感じになりました。
corster3.jpg


裏面には、接着芯をつけたむら染めの生地。
corster4.jpg


キルティングの針目を裏に見せたくなかったので、裏から見て見きれいな布を重ねてみました。トップ、ドミット芯、裏布、接着芯つきの布、と重なってかなりしっかりしています。

ひとつは自分で使ってみていますが、コップの水滴も気にならなくなったし、テーブルもちょっぴり華やかになって、なかなか気に入っています。

何枚か作ろうと思っていますが、一枚に手がかかって、なかなか進みません・・・。

ハワイアンプリントの本はこちら↓


--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
手芸・ハンドクラフトブログランキング





コットンの半袖ブラウス
2006年05月17日 (水) | 編集 |
今年の流行は白や生成りだそうで、お店には、かわいいブラウスやキャミソールがいっぱい並んでいます。

みんなとっても素敵なんですが、自分にはちょっとレースが多かったり、かわいらしすぎるな~と思って、ちょうどいい感じのを自分で作っちゃうことにしました。

braus1.jpg


コットンのちょっと薄手の生地。キャミソールと重ね着する感じです。
ヨークにタックを入れて、襟ぐりにトーションレース。飾りはこれくらいでいいかな・・・

braus2.jpg


飾りボタンは、最初は白にしようかなと思ったのですが、9ミリでよいものがなく、ウッドに。少し色が濃いかと思いましたが、お店の人に「洗っているうちに薄くなるわよ~~」と言われて。つけてみたら、そんなに悪くもないかな?ナチュラル素材には、ウッドがいいかもしれません。


今回、参考にしたのは、ママと女の子*ナチュラルテイストの服と布こもの―こどもと過ごすやさしい時間です。この本は、洋服も布小物も、つくりたいものばかり。コットンやリネンなど、ナチュラル素材がとても素敵に生かされています。

ひとつの型紙が、いくつかにアレンジされているので、一度作った型紙で違うものも作れるのが便利です。お子さんがいらっしゃる方だと、親子の素敵なペアルックも作れます。それもワンピースとブラウス、みたいにちょっとアレンジしたおそろいなのがおしゃれです。私はブラウスの形がいいなと思って買ったんですが、すごくいろいろな用途に使えそうです。

久しぶりに洋服を作って楽しかったのは、パッチワークより完成が早いこと。丸二日くらいだったでしょうか。ちくちく地道に、こつこつ作り上げるパッチワークも好きですが、たまに、洋服作りをはさんで、ダーーーッとミシンをかけて、完成の達成感を感じるのもいいなと思いました。

でも、洋服を作ると、ロックミシンが欲しくなっちゃいますね・・・



--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
手芸・ハンドクラフトブログランキング




花水木パターンのバッグ
2006年05月12日 (金) | 編集 |
花水木のパターンのバッグがやっと完成しました。
hanamizuki1.jpg
hanamizuki2.jpg


こちらは、パッチワーク教室―0から100まで学べる体験レッスンマガジン (No.75)を参考にしています。

本では、茶色いベースに、ワインレッドのお花という配色なのですが、私が、白い花水木が好きなことと、姪っ子へのプレゼント用のためピンク×白で、思いっきりかわいらしくしてみました。

バッグのベースは、元々、パッチワーク&キルティングしてある布です。花水木のパターンのところだけ、自分でキルト綿をつけてキルティングし、台布とつなげました。

中袋は、ルシアンのヴィンテージ、ハートが入ったクリーム色のチェックです。ポケットつき。
hanamizuki3.jpg


花水木のパターン、初めての挑戦で、6つつくるのに途中へこたれそうになりましたが、違うものを並行して作り気分転換しながら、何とか完成しました。

花びらの先に詰める綿を、もう少し少なくして、全部が平均した量になるように気をつければよかったです・・・キルティングをして、ぷくぷくと膨らみ始めてから、ちょっと入れすぎたかな~、アンバランスかな?と気づいても、もう裏布をつけて縫ってしまい、調整できなかったのです。。。反省。

でも、姪っ子がすごく喜んでくれたので、とってもうれしかったです~~。手づくりをしていて、一番うれしい瞬間です。
henamizuki4.jpg
hanamizuki5.jpg


バッグを作るのが久しぶりだったので、慎重に仕立てました。型紙を何度も合わせて、裏、表しっかり印をつけながら・・・あ、基本かな?私は仕立てをいつも急いじゃうので、今回は私にしてはがんばりました~~。丁寧にしっかり印つけすると、とても縫いやすかったです。これからも気をつけよう・・・


--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
手芸・ハンドクラフトブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。