Admin

canary gallery(かなりぃ・ぎゃらりぃ)というサイトでハンドメイド雑貨や写真の紹介をしています。その制作記。ときどき、お料理や雑貨のお話も。

ごあいさつ

いく

Author:いく
手づくりならではの、ひと手間かけた作品を・・・と日々精進です。

◆ホームページ
canary gallery
~ハンドメイド雑貨・写真・版画~

◆SHOP
*雑貨ショップは5月中に再開予定です。
*写真販売はこちら


◆掲載誌

最近の記事
カテゴリー
リンク
手芸の本

■amazonで人気の手芸関係の本です。

お気に入り雑貨
RSSフィード
ブログ内検索

過去ログ

FC2Ad

まとめ

 ✤ スポンサーサイト
Posted on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cetegory : スポンサー広告  ✤   ✤ 
--年--月--日(--)  --:-- by いく
 ✤ ウォールポケット①(ハウス)
Posted on 29.2006
またまた、南久美子さんの『トープがやさしい暮らしのキルト』の本を見て、ウォールポケットを作っています。

3種類のポケットをつなげて作るのですが、ひとつめの「ハウス」ができました。

wallhouse.jpg


ハウスを、ピースワークで作ったのは初めてです。

いつも、アップリケでちょこちょこっと、いう感じだったので、パターンで作るのは、家を建てているみたいで楽しかった!

小さな布片の中で、物語が進行しているみたいで、こういうパターンは素敵です~。

そして、本に出てくる布たちの、微妙な色合い・・・

いろいろなカットクロスを集めたくなってしまい、手芸やさんに行くたび、2~3枚・・・いや、3~5枚ずつ選んでしまっています。

もう、今年中は布は買わない!と決めたのに、早くもその誓いは崩れてしまいました。

でも、カットクロスがいろいろあると、パッチワークの楽しさが2倍、3倍になるのです・・・

ウォールポケット、あと2つはひまわりとティーポットです。

その3つをハートのモチーフでつなぎます。

他の制作もはさみながらですが、がんばって仕上げたいと思います。

部屋の整理を始めては、整理するためのポケットなどを手づくりしているので、掃除が一向に進みません。


トープがやさしい暮らしのキルト トープがやさしい暮らしのキルト
南 久美子 (2006/09)
パッチワーク通信社

この商品の詳細を見る


--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
ハンドメイドに関する楽しいブログがいっぱいです。
手芸・ハンドクラフトブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:パッチワーク - ジャンル:趣味・実用

cetegory : パッチワーク作品  ✤   ✤ 
2006年09月29日(金)  19:32 by いく
 ✤ 南久美子さんのペットボトルケース
Posted on 27.2006
大好きな南先生の『トープがやさしい暮らしのキルト』を参考に、ペットボトルケースをつくりました。

bcase1.jpg


先日、直島へ行ったときに、新しいペットボトルケースを持っていきたかったのですが、作り始めたのが、2日前。

夫が、「どう見ても、間に合わないだろう~」とひと言。

はい、その通りでございます~。

4日遅れで、出来上がりました。

bcase2.jpg


この、紐をボタンで留めるアイディアがすてきです~。
bcase3.jpg


紐のわの方を引いて、ボタンで留まる仕組み。

わを持つほうが、持ちやすいし、際がボタンで留まっているのがかわいらしいです。

これから、巾着の袋なんかにも、このつけ方をしようかな。

今回はありあわせのボタンをつけましたが、かわいいボタンがいろいろ欲しくなってしまいます。

ピースの色あわせは、今回は勉強のため、なるべく本を見ながら、同じような色合いで組み合わせてみることにしました。

でも、筒形のため、クロスのアップリケが本には全部写っていないので、ここは自分で考えました。

bcase4.jpg


かなり悩みましたが・・・

違う色を組み合わせる冒険はせずに、ひとつのクロスの中は同じ系統でまとめました。

そして、4つのクロスを、赤茶系、青系、赤茶、青・・・と交互に配色。

・・・少しまとまりができたでしょうか?

キルティングをして、かわいらしい形がぷくぷくしてくるのが楽しかった!!

bcase5.jpg



そして、今回気づいたこと、もう一点。

チェック模様のピースを斜め(バイヤス)にカットするのが、結構多かったです。

斜め使いにカットするのは、アクセント的に時々やっていたのですが、南先生の作品では、それがたくさん使われているような気がします。

いろいろ学べて、完成品にもとても満足しています~。

南先生の作品は、作っていてとても幸せな気持ちになります。


トープがやさしい暮らしのキルト トープがやさしい暮らしのキルト
南 久美子 (2006/09)
パッチワーク通信社

この商品の詳細を見る


--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
ハンドメイドに関する楽しいブログがいっぱいです。
手芸・ハンドクラフトブログランキング

テーマ:パッチワーク - ジャンル:趣味・実用

cetegory : パッチワーク作品  ✤   ✤ 
2006年09月27日(水)  13:48 by いく
 ✤ 直島で自然素材
Posted on 25.2006
先日、瀬戸内海に浮かぶアートの島・直島へ行ってきました。
旅日記はこちらに執筆中。)

直島の売店の片隅に見つけた、ちょっといいもの。

流木を買ってきました。
ryuboku.jpg


細いものは、1本100円で売っていました。

パッチワークのタペストリーを飾るバーにしようと思って選んでみました。

自然な素材がなかなか素敵だと思うのですが、いい感じの作品を作って飾れるかな?

お出かけの疲れも少しずつ取れてきて、またちくちくと縫い始めています。

--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
ハンドメイドに関する楽しいブログがいっぱいです。
手芸・ハンドクラフトブログランキング

テーマ:手芸制作過程日記 - ジャンル:趣味・実用

cetegory : 制作過程  ✤   ✤ 
2006年09月25日(月)  16:06 by いく
 ✤ がま口金具の印鑑ケース
Posted on 20.2006
がま口金具を使った、先染めチェックシリーズ、だんだん仲間が増えてきました。

gamaguti9.jpg


今回作ったのは、やさしいラベンダーチェックの印鑑ケース。

印鑑ケース用の口金なんですが、ほんの少し丈を取って、コインケースとしても使える大きさにしてみました。

gamaguti10.jpg


今回は、キルト綿を使わず、表布に接着芯を使っています。

刺繍は、これまでと同じ、お花と葉っぱの図案。
gamaguti11.jpg


だいぶバランスよくさせるようになってきました。

でも、チャコペンで印をつけてやっています~。こんな単純な絵なんですが・・・。

最初は、水で消すタイプの青いインクのチャコペンを使っていました。

でも、刺繍の下絵を消すのは結構大変なので、今回から自然に消えるタイプの紫インクのチャコペンにしました。

すぐ消えるので、お花ひとつ、葉っぱ一枚ずつ下絵を描いては刺繍をし、という感じでやっています。

内布は、ルシアンのチェック。やさしい色と手触りのよさで、気に入っている布です。

gamaguti12.jpg


印鑑を入れるとこんな感じ。
gamaguti13.jpg


ジャストサイズではあるんですが、中布がコットンなので、汚れないように朱肉をしっかり拭き取って使った方がいいかな・・・

印鑑入れには、中布がビニルタイプのほうがいいかもしれません。

このところ、がま口シリーズは、ぺったんこの形ばかりだったので、今度はマチのあるタイプの形で作ってみたいと思います。

--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
ハンドメイドに関する楽しいブログがいっぱいです。
手芸・ハンドクラフトブログランキング

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

cetegory : ナチュラル布雑貨  ✤   ✤ 
2006年09月20日(水)  15:15 by いく
 ✤ 紅型風×和柄のテーブルセット
Posted on 18.2006
帰省した時に、以前作ったランチョンマットがあったので、写真を撮っておきました。

mat3.jpg


「和布で楽しむプレゼント小物」という本を見て作ったものです。

柄生地を、片側にだけ細く入れた、シンプルなデザインです。

柄物をパッチワークにするのは本当に難しいんですが、大きく土台にするか、こんなふうにちょこっとアクセントにするか、が使いやすいのかな。

こちらも同じ本に載っていた、コースターです。

corster8.jpg


ランチョンマットは使わない我が家、このマットは、かごの上などにかけて使っていました。

キルト綿をはさまず、接着芯だけで仕上げているので、そんなふうにも使いやすいです。

和物も結構好きなので、和布を使った手芸本も何冊か持っているのですが、実際に作ってみると、柄あわせがとても難しいです。

最近は、カントリーキルトや、リネン物を作ることが多いんですが、先日も日暮里で和布を少し買ってきたことだし、また紅型風×和風の作品もちょこちょこ作りたいと思っています。

和布で楽しむプレゼント小物 和布で楽しむプレゼント小物
(2004/01)
日本ヴォーグ社

この商品の詳細を見る



--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
ハンドメイドに関する楽しいブログがいっぱいです。
手芸・ハンドクラフトブログランキング

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

cetegory : 沖縄紅型風  ✤   ✤ 
2006年09月18日(月)  16:09 by いく
 ✤ グラタンマット(南先生のティーマット)
Posted on 17.2006
秋冬用の布雑貨を作り始めました。南久美子さんの『Sweet Country Quilt』に載っていたティーマットです。

mat1.jpg


うちは、ランチョンマットやティーマットの類のものは使わないんですが、グラタン皿の下に敷くマットを作りたいなと思っていました。今まで、新聞紙をたたんで敷いてたんです~。

大好きなキルト作家さん、南久美子さんの本に載っていたティーマット、「あぁ、これは形も大きさも、グラタン皿にぴったり!!」と思って、さっそく作ることにしました。

アップリケなので、割と早くできました。

もう、一針一針がすごく楽しかった!少しずつ縫っていくたびに、写真で見ている大好きな作品に、どんどん近づいていくんだもの・・・。

小さなピースが、作品の中に組み込まれていくと、どんな布柄のひとつひとつも愛おしくなります。

パッチワークをやっていて、今までで一番楽しかったような気がします。

大好きなテイストに「出会えた!」という感じ。


オリジナルものは、うまくいかなくて落ち込むことが多いから、時々はこうして完成品をなぞって作るのは大切だなと思いました。

グラタン皿を載せるとこんな感じです。サイズぴったりでした。
mat2.jpg


今回は、手持ちの布から、本と似た色の布をできるだけ選んで作ってみました。

「こんな色も合うんだな~」と、配色の勉強になります。

ただ本を眺めているのと、実際に布を選び縫い合わせていくのでは実感が違うものだと思いました。

丸いピースの部分、本と似た色をひとつひとつ選んでみましたが、色は同じでも、トーンが違うと浮いてしまうようです。

赤、水色、茶色など、いくつかの色を選んでも、トーンが近ければまとまって見えるのだなと思いました。

ちょっと水色が浮いちゃったんですが、自宅用だから、まぁ、いいわ~。

布を買うのはしばらく控えようと思っていましたが、やっぱりパッチワークを始めると、どんどん欲しくなります。赤、青、生成り系のくすんだ感じのカットクロスが欲しいな~。

あと、刺繍糸。南先生のポイント、かわいらしいステッチが入っています。がんばってやってみました~。これも色のバリエーションを増やしたくなります。

冬が来る前に、赤系でもう一枚作って、冬の食卓に備えようと思います。

スウィートカントリーキルト―私のとっておきの時間 スウィートカントリーキルト―私のとっておきの時間
南 久美子 (2004/10)
パッチワーク通信社

この商品の詳細を見る


--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
ハンドメイドに関する楽しいブログがいっぱいです。
手芸・ハンドクラフトブログランキング

テーマ:パッチワーク - ジャンル:趣味・実用

cetegory : パッチワーク作品  ✤   ✤ 
2006年09月17日(日)  23:31 by いく
 ✤ がま口ペンケース
Posted on 14.2006
先日のミニポーチとおそろいシリーズで、がま口を使ったペンケースを作りました。今回もぺったんこの形です。

pencase1.jpg


好んで使っている先染めのチェック、今回はピンク。サーモンピンクのような色合いです。

刺繍は前回と同じ図案です。何回もやると、やっぱり少し手が慣れてきます。刺繍は楽しい!またいろいろな刺繍糸がほしくなりそう・・・。
アクリルビーズはちょっと粒が大きかったかな?

レースは白と生成りの2色で編まれたものです。日暮里のトマト・ノーション館で購入したもの。うちの近所の手芸店では見かけないデザインでした。

pencase2.jpg


中布は白にピンクのドットです。

pencase3.jpg


15センチものさしや、デザインカッターも入るサイズです。写真は、ものさし、カッターと、ペンを5本入れたところ。

pencase4.jpg


これだけ入れると、このくらいふっくらした感じになります。

pencase5.jpg


形も飾りもいろいろ悩んだ割には、あまり工夫がありません・・・。キルト綿をはさんでいるので、まちの取り方がちょっと難しい。まちを少しだけ入れる、というのは縫い目がごろごろしてだめですね。たっぷり幅を取るか、ぺったんこか。少しだけのまちを取るんだったら、接着芯だけでいいのかな、と思います。

色違いのシリーズにするとこんな感じ。
pencase6.jpg


同じチェックの色違い・形違いがいろいろできたらかわいいかな~と思っています。

さて、今日で本館ホームページは2000年の開設から6周年を迎えました。途中でいろいろなことがありましたが、今年からてづくり物の掲載に力を入れてがんばっています。ブログの更新とともに、見やすいホームページでの展示も少しずつページを作っていきたいなと思っています。今後ともよろしくお願いします。
canary gallery~てづくり雑貨・写真・版画~


--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
ハンドメイドに関する楽しいブログがいっぱいです。
手芸・ハンドクラフトブログランキング


テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

cetegory : ナチュラル布雑貨  ✤   ✤ 
2006年09月14日(木)  16:33 by いく
 ✤ ミックス糸でドイリー
Posted on 13.2006
ニットを組み合わせた布小物をいつか作ろうと思っていて、小さなお花のモチーフをいくつか編んでいました。

小さなお花を・・・のつもりだったのに、久しぶりの編み物は楽しくて、ついついドイリーを1枚編んじゃいました。
amimono1.jpg


編み物は、間違えたらほどいてやり直せるし、これくらいな小さなものだったら、ちょっとした時間に編めるので、なんだか達成感があって気分がいいです。やっぱり編み物は楽しいな~。

今回、初めてミックスの糸を使ってみたのですが、「白になった~」「そろそろ色が変わるかな」などと、作業に飽きなくて楽しかったです。

出来上がったドイリーは花瓶敷きにしています。やっぱり花瓶を直接置くより、いい感じです。
amimono2.jpg


最近の作業は、 もっぱらソーイングが中心ですが、自分の最初のハンドメイドをたどると、たぶん5、6歳ぐらいのときの編み物なんじゃないかなと思います。

わたしは北海道生まれなんですが、冬は母が編み物をしていて、セーターとか靴下とか、暖かい手編みのものを着せてくれました。そばにはいつも毛糸があり、私もそれをもらってただひたすらいろんな色をどんどんつないで大きな四角いコタツカバーを編みました。あれは今も実家にあるのかな~?

編み物をすると、なんとなく落ち着いた気持ちになるのは、子どものころの、そんな思い出のせいかもしれません。

**********************************
今回のドイリーの編み図はこちらから

はじめての手づくり かぎ針で編みもの はじめての手づくり かぎ針で編みもの
雄鷄社 (2005/10)
雄鷄社

この商品の詳細を見る


--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
ハンドメイドに関する楽しいブログがいっぱいです。
手芸・ハンドクラフトブログランキング


テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

cetegory : ナチュラル布雑貨  ✤   ✤ 
2006年09月13日(水)  11:51 by いく
 ✤ 先染めチェックと南先生の新刊
Posted on 12.2006
布の購入は、しばらく自粛・・・と思っていたけれど、先日クラフトパークで買ってしまいました、先染めチェック。

nuno3.jpg


東京の生地やさんでの一番の目的だったのに、買えなかったからいいよね、仕方ないよね・・・と自分にいいわけしつつ(笑)

先染めチェックは針通りが良くて縫いやすいし、やさしい雰囲気に仕上がるので、大好きです。

いつもは茶色系ばかり買っていますが、もう少しイメージを広げようと、赤っぽいもの、青っぽいものも選んでみました。1枚1枚みているとわくわくしてきます!!

おまけでこちらは、クリスマス柄。
nuno2.jpg


どうやって使おうか、まだ見当がつかないけど、こちらも楽しみ。

なのに~~、水通しの時間が長くて、赤が少し色落ちしてしまいました。色合いを見たらわかりそうなものなのに、うっかり失敗。今度からこういうプリント柄は気をつけよう・・・。

これで、今年中は手芸関係の買い物はしないぞ!!と思っていたのに、どうしても欲しかった、南久美子先生の本。

minami.jpg


左が、この秋新刊の『トープがやさしい暮らしのキルト』。
表紙になっているお家の形をしたティッシュカバーをはじめ、すべてが愛らしい作品。

やさしい色合いのパッチワーク+アップリケが私の好きなテイストなんですが、それが見事にはまっています。しかも、形自体にすごく工夫がされているし、キルティングラインも凝っていて、憧れの作家さんです。

毎日、スーパーに買い物に行くたびに併設の本屋さんに寄っているんですが、「素敵だな~」と連日眺めた結果、ついに購入。

「手芸本は、買い逃すと、手に入らなくなるかもしれないから・・・」と、これも、いつものいいわけです~。

そして、勢いに乗って春に出ていた『Sweet Country Quilt』(写真右)も買ってしまいました。

はぁ~、本当に眺めているだけで、楽しい・・・いや、作らなくっちゃ!

自分もいつか、こんな風に作品をまとめてみたい・・・!もちろん、自分での製本、てづくり本ですが。また夢がひとつできました。


トープがやさしい暮らしのキルト トープがやさしい暮らしのキルト
南 久美子 (2006/09)
パッチワーク通信社

この商品の詳細を見る


スウィートカントリーキルト―私のとっておきの時間 スウィートカントリーキルト―私のとっておきの時間
南 久美子 (2004/10)
パッチワーク通信社

この商品の詳細を見る

--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
ハンドメイドに関する楽しいブログがいっぱいです。
手芸・ハンドクラフトブログランキング


テーマ:パッチワーク - ジャンル:趣味・実用

cetegory : 制作過程  ✤   ✤ 
2006年09月12日(火)  11:49 by いく
 ✤ こてが便利です。
Posted on 11.2006
先日、姉がパッチワーク用のこてをプレゼントしてくれました。

縫い代を割るときはもちろんのこと、小物の仕上げにとても重宝しています。
kote1.jpg


布を裁断した時点でしっかりアイロンをかけていても、縫ったりひっくり返したりしているうちに、多少のしわはついてしまうものです。

今までは、アイロンの先などを使って苦労して仕上げていたのですが、こてを使うと、細かいところまでしっかり行き届きます。

kote2.jpg


使い勝手の良さにびっくりです。

kote3.jpg


がま口ポーチの中も、こんな感じで、しっかりしわを伸ばすことができました。

クロバーさんの製品で、ON・OFFスイッチと、温度の調整つまみがついています。とても使いやすいです。

お姉ちゃん、ありがとう~。
いろんな物を作って活用したいと思います。


--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
ハンドメイドに関する楽しいブログがいっぱいです。
手芸・ハンドクラフトブログランキング

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

cetegory : 制作過程  ✤   ✤ 
2006年09月11日(月)  14:55 by いく
 ✤ ミニミニがまぐちポーチ
Posted on 10.2006
がま口金具を使って、ぺったんこ・ミニミニポーチを作りました。
gamaguti3.jpg


形を考えるのに四苦八苦、金具を変えたりチェック部分を作り直したり、できてみたら、単純な形でした~

今回は、装飾を少しがんばろうと、リネンの部分に刺繍したりビーズを使ったりしたのですが、仕立て前に刺繍をするので、作っていって失敗に気づくとショックが大きかったです。このリネン部分をボツにするのが惜しくて、チェック部分だけ作り直しました。

パターンを考えるときは、まずシーチングでやってみればいいのですが・・・。「きっとできるだろう!!」と見切り発車、結局最初は失敗。でも産みの苦しみです、出来上がりは単純な形でも完成すると愛着もひとしお。

失敗した生地も、あとでパッチワークに使おう~。無駄じゃないわ。

さて、中布は、水色に白のドットです。表のチェックと、ちょうど同じ色合いです。
gamaguti4.jpg


これはもちろんコインケースにも使えますが、キルト綿もはさんでふわふわしているし、小さくてバッグにもしまいやすいので、ジュエリーケースにも便利かなと思っています。
gamaguti5.jpg


出先でアクセサリーをはずしたときに、お財布やバッグのポケットなんかにポッといれちゃうこともあるんですが、専用のミニポーチがあっても便利じゃないかと。

この丸いがまぐちの金具は、かわいらしい丸みで気に入ったので、布部分を長くして、ペンケースやめがねケースも作ってみたいです。

チェック生地も色違いで5枚買ったので、シリーズ化できるかも。楽しみです。

--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
ハンドメイドに関する楽しいブログがいっぱいです。
手芸・ハンドクラフトブログランキング

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

cetegory : ナチュラル布雑貨  ✤   ✤ 
2006年09月10日(日)  23:18 by いく
 ✤ ウォールポケットの手直し
Posted on 09.2006
以前に作ったウォールポケットの直しをしました。

wall3.jpg


ムムッ、だいぶゆがんでる・・・。

直す前はこんな感じ

wall1.jpg


封筒・はがきなど、入れたいものに合わせてポケットの大きさを作ったのはよかったんですが、ぴったりサイズだから、たくさん入らないじゃない!!バカだ~~

というわけで、ポケットにまちをつけました。(手直しその①)
まちは、キルティングしてある布を2センチ幅+縫い代に裁って、ジグザグミシンで端を始末したものです。

やっと、収納力が上がりました。

wall4.jpg


下のポケットは封筒用。左上は、はさみ・ペンなど。右ははがき用。右上の小さいポケットは、最初は切手用に作ったんですが、今は認印を入れています。小包などが来たときに、さっと出せて便利になりました。

最近、「目指せ!すっきり生活」を心がけていまして、ごちゃごちゃの家の中を少しずつ片付けています。どこかを片付けようとするたびに、収納するものを手づくりしたくなるんで、一向に進みませんが・・・。

うちは、家が狭い上に、持ち物が多くて収納スペースには苦労しています。こまごましたものはやっぱりウォールポケットが便利。もうひとつ作ろうかと思っています。

さて、ウォールポケットの直しその②、ポケットにニットのお花のモチーフをつけました。
wall5.jpg


最近、布小物に刺繍とか何かひとつアクセントをつけるようにしたいなと思うようになりました。まだまだ練習中なんですが。

コットンの糸でお花を編んでみましたが、ちょっと糸が太かったみたい。この太さの編み糸(かぎ針は5号です)は、かごとかペットボトルケースの底なんかがいいかな、と思いました。

反省点は即生かそう、ということで細い糸を買ってきて、モチーフ編みの練習中です。

hanam1.jpg


このウォールポケットは自宅用なので、このままでもいいかなとは思いますが、次に布小物に使うときは活用したいと思います。

最後に手直しその④、台布にキルティングをしました。
最初に作ったときは、急いでいたこともあってふちをミシンでざっくり縫っただけだったのですが、やっぱりキルティングしないと、くたっとしてだめでした。

いつもはこれくらいの大きさの直線縫いはミシンキルティングにしちゃったりもするんですが、今回は運針の練習も兼ねて、ハンドキルティングにしました。さいの目がメロンパンみたいな風合いで、やっぱり手縫いが好きかも。

台布の縁に、チェックのバイヤステープをつけようか、ちょっと悩んでいるのですが、壁が白なので、このままの方がすっきりしていいかも。

まぁ、こうやってあれこれあとで直せるのが、手作りの良さのひとつかもしれません。


--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
ハンドメイドに関する楽しいブログがいっぱいです。
手芸・ハンドクラフトブログランキング

テーマ:パッチワーク - ジャンル:趣味・実用

cetegory : パッチワーク作品  ✤   ✤ 
2006年09月09日(土)  13:44 by いく
 ✤ 布の収納と、作業台の整理
Posted on 06.2006
3日に帰省から戻りました。

帰宅後、数日はばたばたと過ごしています。空にしていった冷蔵庫の中身補充の買出しに行ったり、塩でふたをしていったぬかみそを復活させたり、荷解き、たまった洗濯・・・どれもそんな大したことじゃないんですが~。

その合間に、買って来た布を地直し。あまり買えなかった様な気がしていましたが、そんなことなかった。当分は自粛しよう・・・。

水通しのあと、いつも生乾きを通り過ぎて乾きすぎてしまうので、今回は気をつけました。3枚くらいずつ水通し→乾燥→アイロン。アイロンの途中で、また次の3枚を浸し始め・・・。という感じに。2日かけて終わりました。

sawing1.jpg


購入した布は、チェック、ドット、和柄、綿麻です。

そして、夏休みを挟んで制作再スタートということで、気分転換に作業台の周りを整理しました。もうごちゃごちゃだったので。

私の作業台その①は、この春、キッチンに買ってもらった小さな机。ニトリさんの折りたたみで、机も照明もお安いものを探したのですが、結構気に入っています。このスペースが、自分の空間、という感じ。
(作業台その②・ミシンとアイロン台は茶の間の隅に置かせてもらっています。)

sawing2.jpg


昨日、またちょっとおねだりをして、布をしまう5段の衣装ケースを買ってもらいました。

今までは、段ボールなどに入れて机の足元においていたのですが、キルト作家さんの作業台の写真などを見て、自分のささやかなスペースも、もうちょっと能率的&すっきりと整理したくなったのです。

sawing3.jpg


布をそれぞれ、大雑把に種類分けして、各引き出しに入れてみました。1段目は和柄・沖縄柄・ハワイアン用。2段目はコットンカットクロス。3段目はリネンもの。4段目は、スウェードやベルベットなどの秋冬物。5段目は長尺で購入してある布です。

こうやって改めて整理してみると、「あら、こんな布もあったわね~」と。買ったこと・あることに気づかずに次々新しいものに手を出してしまっていたかも。

これからは、手持ちの布全体を見て、有効に利用しようと思います。

大きくカットしてあるものは引き出しにきれいにしまえたのですが、パッチワークなどの際に出る切れ端もずいぶんたまっています~。

少し大きめのものは、とりあえず切りそろえてお菓子の缶や箱などに。
sawing4.jpg


物によっては、3センチ角とか10センチ角くらいにして、ジャムの瓶に。(ボタンが入っている瓶もあります。)こんなことも、キルト作家さんを真似てみました。
sawing5.jpg


ヨーヨーキルトを作ったり、ヘキサゴンに切っておいたりしてもいいんですけどね。「作品を作るほどの余裕はないけれど・・・」みたいな、ちょっとした時間に作りためていこうかなー。

今、家全体もすっきり整理しよう!プロジェクト。を始めたので、なかなかハンドメイドに時間を取れませんが、ゆっくり楽しんで、秋からもがんばりたいと思います~。

春くらいのフリマに出店してみようかなぁ。それをめざして、布小物を作りためようかな~と、思い始めています。


--------------------------------------------------
手芸&ハンドクラフトブログに参加しています。
ハンドメイドに関する楽しいブログがいっぱいです。
手芸・ハンドクラフトブログランキング

テーマ:手作りしましょ。 - ジャンル:趣味・実用

cetegory : 制作過程  ✤   ✤ 
2006年09月06日(水)  16:54 by いく

 ✤  BLOG TOP  ✤ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。