Admin

canary gallery(かなりぃ・ぎゃらりぃ)というサイトでハンドメイド雑貨や写真の紹介をしています。その制作記。ときどき、お料理や雑貨のお話も。

ごあいさつ

いく

Author:いく
手づくりならではの、ひと手間かけた作品を・・・と日々精進です。

◆ホームページ
canary gallery
~ハンドメイド雑貨・写真・版画~

◆SHOP
*雑貨ショップは5月中に再開予定です。
*写真販売はこちら


◆掲載誌

最近の記事
カテゴリー
リンク
手芸の本

■amazonで人気の手芸関係の本です。

お気に入り雑貨
RSSフィード
ブログ内検索

過去ログ

FC2Ad

まとめ

 ✤ がま口の作り方①
Posted on 14.2017

材料や資材を整理していたら、
がま口の財布(コインケース)の作り方を書いた紙が出てきました!
手描きの絵です

ちなみに、完成形はこんな感じです。
gamaguticb7b.jpg

以前、コサージュ(ブローチ)つきのコインケースを本に載せていただいたとき
作り方をおくるように要請があり、書いたものです。


最近は、動画や写真でとても分かりやすい作り方を
アップされている方がたくさんいらっしゃるので
手描きの絵なんて~という感じですが、
自分の復習のために、
きれいに作るコツなども、確認してみたいと思います~。

まずは材料です。
作品例のがま口は、幅が8cm、高さが4cmくらいのもの
(絵は内側の寸法を矢印が指していますが、外側の間違いです)
表布、表を飾るレース、中布、接着キルト綿
がま口をしっかり留めるための紙ひも、ボンド
howto01.jpg

*裁断の時に気をつけること*

柄合わせを考えて、裁断する。
特にチェックは、縫い合わせがぴったり合うようにします。
IMGP4318.jpg

それから、縫い代の寸法をぴったり合わせ、真っ直ぐ切ること
縫い代が不ぞろいなのは、外側からでもなんとなくわかってしまいます。
ロータリーカッターと、オルファの「キルトルーラー」という厚みのある定規が便利です。

ruler.jpg



ロータリーカッターは、クローバーさんのものが、私は握りやすいです。



表側を作っていきます。

howto02.jpg

接着綿を使って、何枚かの布をつなげるとき、
私はプレスキルトでやっています。
布の上に、違う布を重ねて、綿ごとミシンをかけます。

・接着綿には、縫い合わせのラインを引いておく。
・縫い代は、底の方に向かって倒す(レースの下になるので)
・最後にのせる布は、縫い代で折って、アイロンをかけておく。

こまめなアイロン、大事です。
細かいところには、コテが便利。



こうやって考えると、きれいに作るためには、道具が大切ですね。
そういえば、学生の時に洋裁の先生が
「きれいな作品は、よい道具から!!」と毎回仰っていました。
和風総本家などを見ていても、職人さんはみなさん、道具を大切にされますものね。

ということで、プレスキルトの方は、すべてのパーツを縫い付けたら、
アイロンで押さえて、接着します。(それは、コテでなく、普通のアイロンです)

なんだか長くなってしまったので、何回かに分けて書きます!

次回に続く

がま口を使った財布(コインケース)、小物入れは、minneさんにも展示しています。
minneさんの方は、毎日少しずつ、構築中です。

https://minne.com/@canary-zakka
minne_b_468_60.gif



ホームページはこちらです。(移転しました)◇
cgbanner11_20170513003657277.jpg
canary gallery~ハンドメイド雑貨・写真・版画~



◇手芸・ハンドクラフトブログに参加しています。◇



テーマ:手芸制作過程日記 - ジャンル:趣味・実用

cetegory : パッチワーク作品  ✤  comments(0)  ✤ 
2017年05月14日(日)  23:04 by いく
 ✤ Comment






 ✤  BLOG TOP  ✤